クリアファイルとオフィスアイテム

販促品としてクリアファイルを利用するなら業者に頼りましょう

販促品に適しているのはクリアファイル

スーツの男性

企業のイメージアップにはクリアファイルを販促品にすると効果的です。なぜなら、クリアファイルは老若男女問わず使われているからです。さらに、イラスト・人気俳優・柄などの組み合わせにより数多くのデザインを作ることが可能なので、ターゲットに合わせた販促品を簡単に用意できます。つまり、販促品を配る側も、受け取る側にも制限がないのです。
クリアファイルは保管場所を取らない為、「あると便利かも」と捨てない人がいます。販売されていますが、家庭で使うなら貰い物を利用しようと考える人もいるからです。販促品のクリアファイルが再利用されている場面の例を紹介します。子供のいる家庭では学校からの配布物を保管するために使うことがあります。以前は茶封筒を利用していたPTA役員への配布物などはクリアファイルへと切り替わっています。内容が透けて見えるので年配の方も資料を探しやすく利用することが多いです。回覧板と共に「各家庭で一部ずつお取りください」という配布物にもクリアファイルが利用されます。以上のようにクリアファイルが再利用されることで、企業名を繰り返し目にする回数や、他の人への宣伝回数が増えます。
クリアファイルを販促品にする場合、一般的にはA4サイズが多いと思いますが、はがきサイズのクリアファイルにする方法もおすすめです。なぜなら、小さめのバックに入るサイズは便利ですが、販促品にしている企業は少ないので繰り返し使ってもらえる可能性が高いからです。配る時には宣伝広告などを入れることができ、軽くて薄いので一度に沢山運ぶことができる面からも販促品にはクリアファイルが適しています。

販促品にはクリアファイルが重宝しておすすめ

販促品としてクリアファイルを検討したことはありますか?クリアファイルは、実はもらって喜ばれやすいので販促品としておすすめです。
ちょっとした印刷物をカバンに入れたり資料を仕分けたりと、クリアファイルは持っていると便利なシーンが多いですよね。しかし、クリアファイルは個別に購入する機会もあまりないため、持ち合わせがないこともあります。そのため、販促品としてもらうと嬉しい可能性が高いのです。
販促品としてクリアファイルを作成するなら、専門業者に依頼するのがおすすめです。専門業者であれば、責任をもって自社に最適なデザインのクリアファイルを提案してもらえますし、大量の制作もお手のものです。自社で検討が難しい場合は一緒に検討してもらったり、デザインパターンをいくつか提示してもらうことも業者によっては可能です。数が多くなればなるほど値下げをしてもらえる可能性もあります。自社だけで検討したり、制作すると余分なコストがかかるだけでなく、専門業者が制作するものに比べてクオリティが低くなる可能性もあります。長い目で見ても専門業者にお願いするのはメリットがあり、費用対効果も期待できますので、クリアファイルの制作には専門業者に頼むのがよいでしょう。

販促品として優秀なクリアファイルは専門業者に作成を依頼しよう

「自社製品を様々な人に買ってもらいたい」と考えているなら、クリアファイルに企業の社名などを入れた販促品を作ってみませんか。例えば、アパレル系の会社であれば、新作の柄をプリントしてノベルティとして配るというのは素敵です。新しい柄を顧客に知ってもらうことができますし、そのプリントの商品を買いたいと思う人も出てくるかもしれません。
クリアファイルのノベルティは、普段の生活で使用することができるので、顧客も嬉しく思うはずです。顧客が販促品を毎日使うことで、その会社のものを「お気に入りのブランド」として認識してもらうわけです。新しいキャンペーンやセールなどは人を呼び込みやすいものですが、こうした販促品も地道な効果を上げていくものなのです。そういう意味では、クリアファイル一つでも重要なものになります。
「オリジナルクリアファイルを作成したい」と思ったなら、専門業者に依頼してみましょう。業者に頼めばデザイン性のあるものを作ることが可能です。「あまり見かけないデザインにしたい」「会社で使っているキャラクターを載せたものにしたい」など、要望については相談してみるとよいでしょう。専門業者に頼めばイメージ通りのものが作れるはずです。

choices

recent news

このページのトップへ